CAT8037  Z84C15 SBCボード [保守品]

cat8037

SBC-MはTMPZ84C015を使用したZ80CPUボードです。

このボードはリモートデバッグモニタによるソフト開発を前提に設計されており、0~FFFFH番地にRAMがフル実装されています。また通常のROMの替わりに32KバイトタイプのEEPROMも使用できますのでオンボードでプログラムのROM化が可能です。

入出力の機能としてTMPZ84C015内蔵のI/O機能の他、8bitの汎用出力ポート、カレンダ機能(オプション)があります。

RAM、カレンダ機能ICはニッカド電池によりバックアップされています。

※CAT8037は保守品です。

仕様

CPU Z84C15(Zilog製)
システムクロック 4.9152MHz
ROM 32KバイトタイプのEPROMまたはEEPROMを1個使用可能
RAM 128KバイトタイプのRAMを1個実装済み(0~FFFFH番地にフル実装)
パラレル入出力 8bit×2ポート(Z80-PIO相当 Z84C015内蔵機能)
ビットモードのみサポート 
全てのポートは5.1KΩでプルアップ
パラレル出力 8bit×1ポート(TC74ACT273 相当品)
高レベル出力電圧: 出力電流-24mAにて3.80V以上
低レベル出力電圧: 出力電流24mAにて0.44V以下
シリアル入出力 2ch(Z80-SIO相当 Z84C015内蔵機能)
AチャンネルはRS232C専用、主にモニタ使用時のホストとの通信用
BチャンネルはRS232CまたはRS422より選択
カウンタ/タイマ 8bit×4ch (Z80-CTC相当 Z84C015内蔵機能)
2チャンネルはSIOのボーレイトジェネレータとして使用
カレンダー機能 エプソン製 RTC-62421 実装可能(オプション)
データバックアップ ボード上のニッカド電池によりバックアップ
三洋電機製 N-50SB2(2.4V 45mAH)トリクル充電方式
バスバッファ 74LS245相当品使用
割込み NMI及びINT
INTは割込みモード2で使用
リセット リセットIC使用、以下の状態でリセット動作
パワーON時、5V電圧低下時、マニュアルリセット入力時
使用温度範囲 0~55℃ (結露のないこと)
電源 +5V±5% 250mA MAX(27C256,RTC62421B実装時)
重量 約90g(メモリ未実装時)