H-debuggerサポートシンボルについて

ご使用コンパイラおよびバージョンにより取り扱えるシンボルは、下記の通りになります。
ルネサスC
(ELF/Dwarf2or3)
KPIT-GNU
or
GCC for RenesasRX
(ELF/Dwarf2or3or4)
GNU/gcc
(coff)
ルネサスC
(sysrof)
ルネサスNC30
(IEEE-695)
グローバル単シンボル
スタティック単シンボル
キャスト演算子
ポインタ演算子
グローバル一次元配列
グローバル多次元配列
(6次元まで)
×
グローバル構造体シンボル
(タグ+メンバー1024まで)
× ×
ローカル単シンボル × ×
ローカルポインタシンボル × ×
ローカル多次元配列
(6次元まで)
× ×
ローカル構造体シンボル
(タグ+メンバー1024まで)
× ×
ソースファイルの
複数ディレクトリ対応
× × ×
*上記記述は、最新バージョンでの制限です。

 ○=可能  △=一部不可  ×=不可
(一部不可とは、C記述方式によりローカルシンボル情報が一部削除または局所的になる場合があります。)

注意事項
<NC30(IEEE-695)>
・アセンブラソース上でのマクロ記述しないようにして下さい。
・必要な場合は、ヘッダファイルに記述してインクルードして下さい。